fa-shower ●●店店舗情報

 横スカタイプのお店はしっかりメンズエステ要素が堪能できる!そして大胆施術は事故多発♪

位置 伏見駅4分!

名称 KITTY~キティ

部屋タイプ ワンルーム
紙パンツ 横スカTバック
オイル塗布量 普通

fa-check割引利用でこの価格!

初回限定価格:90分 / ¥11,000-

※「エステーションを見た」で

70分仰向けのみコースが1,000円OFF
90分以上のコースは全て2,000円OFF

コース 90分  ¥13,000 -
オプション  (今回は付けてません)
エステーション割引  2000円引き

施術ポイントは「ガッツりSKB」!

揉み解し

キワキワ

カエル足、コマネチ

さわさわ

ドキドキ

 事故:中 / 発生率:大

  • まだまだ新しいお店
  • 何気に良い子が多数!?

体験レポート

名古屋・伏見メンズエステ KITTY(キティ)

 

どうせ行くなら新しいお店がいいなと。

今回はエステーション体験取材に新しいお店がpickupされていたので

これを参考資料にいざ出陣!

 

決め手はこれだ。

90分11000円ってw

名古屋基本的には安いなー。東京じゃお目にかかれない価格ですな。

 

早速内容へ。

 

伏見駅からはそんなに遠くない。

ただ土地勘はないので少し迷いつつもお店へ到着。

 

玄関を開けるとそこには

大人な雰囲気もある美人のセラピストさんが。

緊張しつつも説明を聞きお支払い。

 

安くても過去の経験からサービスはそこそこ期待できる!

その記憶が鮮明にあるのでドキドキと興奮を隠せずに急いでシャワーへGO!

 

おっと!ここは横スカタイプのご用意ですな(*థ౪థ)

戦闘力が某体にアップする戦闘服を身にまとい、いざ決戦の地へ!!

長いカエル足と優しいタッチ

名古屋・伏見メンズエステ KITTY(キティ)

 

先ずは指圧から。

担当してくれたセラピストさんはまた経験も浅いようで

揉み解しの技術が整ってはいなかったが、一生懸命やってくれる。

 

そしてオイルに突入する。

ナチュラルなオイルトリートメントで

脹脛から太もも、そしてお尻周りへと進んでいく。

 

お尻周りからキワしっかりタッチ!

キワへの優しい突入かんがドキドキを演出してくれる。

しかもそれなりに深く突っ込んでくれるので、刺激が・・・ムフフ。

 

そしてカエル足へ突入。

上から差し込まれる手がメインの動き。

グイグイ攻めてくれる、そして忘れてはいけないのが横スカタイプであること。

グイグイ突っ込む大胆な施術は、横スカの特性を生かした施術といえるでしょう(*థ౪థ)

下からも差し込まれる手。その手は、、、えへへへへ(*థ౪థ)

 

そんでもってうつ伏せの大半の時間はこのカエル足へと費やされる。

 

事後多発な仰向けタイム。

名古屋・伏見メンズエステ KITTY(キティ)

 

仰向けは足元からのスタート。

足元は、脛・太もも・キワと進んでいく。

 

そして逆足も終えると、デコルテタイム。

ここはデコルテは早々に、なんていうかB地区?w がメイン!w

 

そして仰向けカエル足へと移行する。

横から膝の上にカエルの投げ出した足を乗せて

超ガッツりなカエル足タイムがスタートする。

SKBへのアプローチは大胆、大胆・・・というかガッツり!?w

 

紙パンツの向こう側へと潜り込むというより、

横スカだから仕方ないんだよね~と言わんばかりの大胆なその手元。

 

声が漏れそうになるその気持ちを抑えて

何食わぬ顔で、楽しむ。www

 

そして真ん中SKB

優しい手つきでうち太ももから、柔らかい優しいゾーンを通り抜ける。

いや、そこでちょっと寄り道的な?w

 

時間をかけてSKB周辺全てのおっふなポイントを焦らしまわされる。

そして両手でのロングストロークなど交えながら

 

時間をかけてしっかりと・・・、

 

あ・・・、もっとそこをしっかりと・・・、

 

お・・・おっふ・・・、

 

やばい・・・。

 

 

お時間です。

 

まとめ

今回の体験内容は手技が多いわけではなかったが
このお店はTwitterなど見る限り
まだまだ楽しめそうなセラピストさんが多々いる。
価格的にもこれはまた行きたくなる!そう思えるお店である。

名古屋・伏見メンズエステ KITTY(キティ)

ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではない。※(セラピストにより内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、参考資料というより面白おかしく見て頂けることが一番である。

Twitterでフォローしよう