fa-shower ゆりかご店舗情報

 色気たっぷり大人女子のがっしり纏わりつくSKBに・・・おっふ!

位置 栄駅

名称 ゆりかご

部屋タイプ ワンルーム
紙パンツ ノーマルTバック
オイル塗布量 少なめ、普通、多め、大量

fa-check割引利用でこの価格!

初回限定価格:90分 / ¥14,000-

※「エステーションを見た1,000円OFF!

施術ポイントは「ねっとりSKB」!

90分コース

揉み解し

上手なオイルトリートメント

キワキワ

カエル足、小鹿、下っ腹、コマネチ

さわさわ

腰、SKB

ドキドキ

太郎のおっふ
おっふレベル【星4つ】
  • 大人女子専門店!
  • 気遣い最高!
  • ルーム数多し!

体験レポート

さてさて今回は、

ゆりかごさんへの二回目凸である。

写真を見る感じでもなんかよさげな感じがゾクゾクと伝わってくる取材写真である。

ということで、どんだけガッツりくるかチャレンジ!!

 

案内されたのは、栄のルーム。

自分がとっていた宿から近かったのでかなり行きやすかったwww

 

そして玄関を開けると・・・そこには、

可愛らしさもあり大人の魅力もある落ち着いた女性が待構えている。

丁寧な説明を受けそこからお支払い&シャワー。

 

とここで気がついた。

紙パンツ・・・Tバックタイプになってる~♪

 

これは嬉しい変化である。

意気揚々と施術ルームに戻り施術開始。

 

先ずは指圧からのスタート。

背中に跨り全体的に背中から足元までをサクッと終らせる。

 

その後、足元からオイルスタート。

エステーション体験取材でもあったように、この時期は寒いからなのだろう。

全体的に毛布をかけて施術をしてくれる。これって地味に嬉しいサービスに思う。

勿論オイルが毛布につくようなへまはしない上手な進め方である。

 

脹脛から太ももと上手なトリートメントで進んでいく。

太ももも上の方まで差し掛かると、そこからキワへと優しく手を差し伸べる。

キワへグイっと手を深く、そして深く差し込む。

あ・・・♡予期せぬおっふ・・・♪

足元の時点で、

かなりしっかりとキワへのアプローチがやってくる。

紙パンツの向こう側までグイグイと来る感じがたまらない。

ここから一気に来ますかーーー!

流石大人女子の余裕感、ゴイゴイスー!

 

攻め攻めのSKBタイム!

 

通常の足元トリートメントでも楽しかったが

ここからカエル足である。

かなり長めな時間を確保して、

大量のオイルを塗りなおし深いストロークで攻めまくる。

 

カエル足好きな私としては・・・

おっふおっふおふおふ。おっふおっふおふおふ。

休み無く、

こんな呼吸になってしまったwww

 

かなり深く中心に向けてえぐるその施術は時折、

紙パンツの向こう側までと進み、それに対しても躊躇無くグイグイと・・・。

 

久々にカエル足でここまで楽しんだ・・・と溶けかけたアイスのようになっていると、

そのまま小鹿のポーズへと。

良妻とから中心に圧をかけながら超ロングストロークで・・・

おっふおっふ。おっふおっふ。

であるw

深く大きなストロークはとてもおっふなのであるw

 

そして、背中周りでクールダウン。

といっても本格的に上手なトリートメントなので癒されまくる。

仰向けはガッツり真ん中SKB!

 

仰向けは、名古屋で特有の

真ん中SKBタイムに全ての時間を割くそれである。

 

残り時間が全部真ん中SKBタイムに費やされる。

これがたまらない。

絡みつくような指先の動き・・・。

レディースエステ経験があるセラピストさんだからの

とても素晴らしい動きが・・・それが逆に途轍もなく

おっふ…おっふ…おっふ…おっふ・・・お。

であるw

 

優しくねっとり感のあると動きに完全に魅了されてしまう。

 

すっげえぜ・・・。

 

ああ・・・。

 

もう天井を見ているのもつらい・・・。

 

目を瞑ろう・・・。

 

目を瞑ると・・・。

 

やば・・・。

 

お・・・、おっふ・・・。

 

 

お時間です。

 

まとめ

このゆりかごは複数のルームを持っている。

前回は丸の内周辺に行ったような・・・、今回は栄とメンズエステ密集地に集まっている。

今回はかなり色気もありつつ揉み解しも上手、そんでもってがっつり系のセラピストさんで大満足だったぞい!

過去の記事

栄 ゆりかご

ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではない。※(セラピストにより内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、参考資料というより面白おかしく見て頂けることが一番である。

Twitterでフォローしよう