fa-shower AI(アイ)店舗情報

 二回目の潜入、おっとり真面目セラピストはガッツリ真面目に攻める!w

位置 栄駅・矢場町駅、色々ルーム有

名称 AI~アイ

部屋タイプ ワンルーム
紙パンツ おっきめパンツ
オイル塗布量 普通

fa-check割引利用でこの価格!

初回限定価格:90分 / ¥13,000-

※「エステーションを見た」で1,000円OFF!

施術ポイントは「真面目なSKB」!

コース90分

揉み解し

上手なオイルトリートメント

キワキワ

カエル足、コマネチ

さわさわ

ドキドキ

太郎のおっふ
おっふレベル【星3つ】
  • 二回目の訪問店
  • 落ち着いた女性の安定感
  • リーズナブル!

体験レポート

二回目アイへの潜入

今回も都合よくエステーションより

「また時間があればアイさんに行ってください!」

と。

前回超絶体験をしたので、そらもう一回行くでしょ!w

前回はこれ。

 

ということで再潜入!

 

今回は前回とは違うルーム。

どうもここはルームはかなり沢山保有しているようだ。

 

そして玄関をあけると

そこにはスラっと大人の女性が。

落ち着きのある清潔感のある女性

 

お支払いを済ませて

サクサクシャワーへ向かう。

 

そして大き目サイズのブリーフ型紙パンツを着用していざ出陣!

一生懸命だから起こる事故!w

名古屋・矢場町 メンズエステ AI(アイ)

指圧を全体的に施すと

直ぐにオイルがスタートする。

 

先ずは足元から。

足の裏から丁寧なオイルトリートメントが始まる。

脹脛、太ももと進んでいくが、

ここでのトリートメントは揉み解し効果もしっかりあるテクニックである。

 

一生懸命さがにじみ出るほどの手技は心を奪われかける( ´꒳` )

一生懸命が伝わるのはとても私は好きだ、それだけでリピしたくなってしまうほどw

 

太ももまで来るとしっかりと一生懸命キワまでグイッと指先を差し込む。

大きな紙パンツだからこそ、だから強引にグイッと刺しこもうとするので・・・

予期せぬ、

おっふ・・・♪

が待っているw

 

グイッと紙パンツをたくし上げて強引にキワキワ目掛けて。

巾着袋が予期せぬ刺激に、グビン!っと・・・w

 

そして流れでカエル足

大きなタイプの紙パンツをめくり深くえぐりこむように手を差し込む。

グイッと差し込むのでここでも・・・

おっふ・・・♪

が待っているw

いたって真面目に一生懸命やっている。

 

だからこそのG発生!

それがたまらなく良い!
それがメンズエステ!

と言いたくなるw

 

これが逆足でも行われると、続いては背中へと移行。

全体的に塗布し、そこから腰周り、背骨周りと一生懸命かなりしっかり

効き目のあるマッサージ効果抜群の手技が進む。

 

これは普通に気持ちよい。

そのへんの揉み解しのお店へ行くレベル以上のものを感じた。

 

ガッツリ感は必至な表れ!?w

名古屋・矢場町 メンズエステ AI(アイ)

 

仰向けはデコルテ周りからスタート。

しっかりとしたデコルテ周りのトリートメントだ。

脇の下のリンパをガッツり流してくれる。

私のように老廃物がたまりまくっている動く老廃物みたいな人間は、いや、ブタ、いやクズは・・・

これ以上自分で言うと鬱になりそうなので人間にしておこうw

脇のリンパを流してもらうと凄くスッキリする。

脇のリンパから首もとのリンパ辺りもしっかりと。

 

そしてその後で足元へと移行する。

足元はまたしっかりトリートメントではあるがマッサージ要素がタップリのもの。

 

そしてカエル足へと。

SKBをメインにガッツガツと進んでいく。

ここでも一生懸命だからこそ起こるGを存分に楽しむ。

わざとではない、完全に一生懸命やるから当たっちゃう・・・

本当にそんな感じがとてもズキュンズキュン来るw

 

そして待構えている真ん中SKB

ここでも一生懸命から来るG感たっぷりの施術に太郎の小太郎元気もりもりであるw

 

そしてお時間となる。

 

まとめ

ここは良いセラピストも多い様子。

 

だからこそ、だからこそ是非!

紙パンツをTバックタイプにしてほしい…。

 

そんな希望が少しあったりするwww

そしてできれば横スカタイプの用意をお願いしたいですm(_ _)m www

メンズエステ AI~アイ

ご理解頂きたい事
あくまで超主観的な内容と感想と表現なので、必ずしもこの内容ではない。※(セラピストにより内容やサービスが異なることは予めご理解頂きたい。)そしてかなり独自の独特な言い回しをしている。私が伝えたい内容と捉え方によって違う解釈になってしまうこともあるかと思うので、参考資料というより面白おかしく見て頂けることが一番である。

Twitterでフォローしよう